全商品一覧を見る

内容を見る


花の香酒造特集

2019-07-11

  • 410



清流 菊池川と緑豊かな山々に囲まれた熊本県玉名郡和水町。あちこちで清水が湧き出し、良質な米どころとしても知られます。

この土地唯一の造り酒屋「花の香酒造」は、1902(明治35)年創業。

神田角次・茂作親子が妙見神社所有の神田(じんでん)を譲り受けて米を作り、神社から湧き出る岩清水で酒造りを始めたのが、

この酒蔵のはじまりです。神田酒造として誕生した蔵が、「花の香酒造」へと名前を変えたのは1992(平成4)年のことでした。

       

      

この地の岩清水と米を使ってつくる酒、

それが「花の香酒造」の原点であり、次世代へと受け継ぎたい「花の香の価値」でもあります。

                                                                                                                                                 六代目神田清隆



六代目神田清隆さんは異業種でさまざまな経験を重ねて帰郷し、2014(平成26)年に現職に就任。酒造りの本質について考える一方、

若き蔵人たちを引き連れて各地へ修業へ出かけるなど、持ち前のフットワークの軽さで新たな息吹を吹き込んでいます。


500kgの小仕込み用に蔵を改装し、造りを大幅に見直すなどの改革を実施。

自らも杜氏として蔵に入り、若い蔵人ととも酒造りに取り組む六代目。

多くの工夫を重ねて生まれたのが新しい「花の香」シリーズです。

米作りに始まり、小さな仕込みを繰り返すなかで製造工程を微調整するなど、

仮説検証を繰り返して品質向上を図り、困難な夏仕込みにも挑戦しました。


全量地元産の山田錦と昔ながらの「撥ね木搾り」で醸した純米大吟醸「花の香 桜花(おうか)」は、

ロンドンで行われたコンクールで金賞を受賞。新たな花の香ファンを生み出しました。


目標は、熊本・和水を冠する世界レベルの清酒づくり。

純米大吟醸「花の香 桜花」をさらにブラッシュアップし、千年先につづくブランドへ育てる取り組みが続いています。




▶花の香酒造の商品を見る

掲示板内容表示
添付ファイル _DSC6775.JPG
パスワード 削除するにはパスワードを入力してください。
コメント修正

パスワード :

/ byte

パスワード : 確認 キャンセル